家選びのこと

消費増税&オリンピックの及ぼす影響!?

2013.09.11

【オリンピック開催が住宅購入に影響!?】

 2020年オリンピック東京開催が決定しました!

その経済効果は3兆円ともいわれ、さまざまな業種、

とくにインフラ整備などで、建築業界に追い風になると予測されています。

ただ、いっぽうで消費者の立場から懸念されるのが不動産価格の上昇です。

建築資材、土地価格の値上げ、人手不足等々で、建築コストが高騰することは

これまでのオリンピック開催国をみても明らかです。

これから住宅を購入しようと考えている方は、その動向にも意識が必要です。

 

a0002_011332.jpgのサムネール画像

 

【消費増税の影響】

かさねて、知っておきたいのが消費税増税がおよぼす影響。

消費税は2014年4月に8%、2015年10月に10%に引きあげられる見通しです。(現時点の予定)

高額品である住宅の購入に、増税がおよぼす影響は非常に大きなものです。

可能であれば、増税前のご購入を推奨いたします。

ちなみに、消費税は【建物】にのみ課税されるもので【土地】にはかかりません。

以下の表をご参照ください。(土地価格1500万円、建物2000万円の例) 

 

増税.jpgのサムネール画像のサムネール画像

この例のばあい、来年の4月以降に購入すると増税分だけで60万円増となってしまいます。

 

【注意!増税は生活全般にかかってきます。】

増税前の 住宅購入を推奨すのは、ちょっと見落としがちな理由ふくまれています。

ついつい住宅価格にかかる消費税にばかり目がいきがちですが、増税は生活全般にかかるということ。

住宅購入に関連するものだけでも下記のような部分で増税の影響をうけます。

●住宅ローン ●家電・家具 ●エクステリア ●ローン手数料 ●火災保険 ●引越し費用

増税にともない、政府は「住宅ローン減税」を検討していますが、

たとえ優遇があったとしても上記の項目の分までは、およばないだろうというのが専門家の見方です。

 

【増税前の購入、そのリミットとは?】

(増税前購入)とひとことでいっても、そのリミットは?

建売住宅の場合は2014年3月31日までに引渡を完了すれば、

消費税は現行の5%となります。

 

もしも近い将来、マイホームを購入したいとお考えなら、「いつ買うか?」・・・

早めのご検討をおススメします。

 

来年3月までに引渡可能な物件、順次RCスタイルに掲載中です。

 

 見学予約・お問い合わせフォーム(RCスタイル内)

電話でのお問い合わせもお気軽に。 0120-418906(通話無料)

 

 

 

 

 

 

 

by: RCスタイル札幌 スタッフ

お問い合わせ

メールでの
お問い合わせはこちら

メールフォーム

シリーズから探す

RCスタイルのLINE@友だち登録受付中!質問も予約もLINEで気軽に!

▼ お問合わせはお気軽に ▼
電話する メールする