Q:コンクリート住宅は寒いの?

Q&Aバナー-thumb-2070x567-1494-1.jpg

Qコンクリート住宅は夏暑く冬寒いイメージがありますが実際はどうですか?

A昔のコンクリート住宅やマンションは、確かに夏は室内が熱かったと聞きます。

昔のコンクリート住宅やマンションは、確かに夏は室内が熱かったと聞きます。それは、性能の高い断熱材が使われていなかったり、窓サッシの断熱性が悪かったからだと思います。某高名な建築家の「作品」などは、無断熱で造られていて、とても生活のしにくいものだったと聞いたことがあります。

基本的にコンクリートは熱容量が大きいため、一度温まるとなかなか冷めません。昼間日光の直射を受け、躯体が熱を蓄えると、徐々に室内へ熱が放出され室温を高めます。しかし今は通常、外側か内側に性能の高い断熱材を入れて防御しますので室温への影響それほどありません。

さらに今は断熱性能の高いサッシ(低放射複層ガラス・Low-Eペアガラス)などを使用することで、開口部からの熱の出入りが非常に少なくなっています。

また、コンクリートは触ったときのヒヤリとした感覚から、冬は寒いものだというイメージを持つ方もいるようですが、実際はその逆で、木造に比べ気密・断熱性能が高く、結果として暖冷房にかかる光熱費が減少したという声が多いようです。

kozodanmen.jpgのサムネイル画像

お問い合わせ

メールでの
お問い合わせはこちら

メールフォーム

シリーズから探す

RCスタイルのLINE@友だち登録受付中!質問も予約もLINEで気軽に!

▼ お問合わせはお気軽に ▼
電話する メールする