Q:コンクリート住宅は結露するって聞きますが?

Q&Aバナー-thumb-2070x567-1494-1.jpg

Q現在、築20年のマンションに住んでますが、結露しやすいところがあります。やはり鉄筋コンクリート住宅の結露は避けられないのでしょうか?

A問題はその気密性と換気のバランスにあります。

結論からいうと、古いマンションは結露しやすいということは言えるでしょう。通常マンションは、一般木造住宅と比較すると高い気密性があります。問題はその気密性と換気のバランスです。古いマンションは、換気のための窓も少なく、換気扇も浴室・トイレ・台所以外には設けていません。このような状態で、洗濯物を部屋干しすれば、部屋のどこかに結露の発生しやすい状況を作ってしまいます。

また、ガスや灯油などによる調理、補助暖房も多くの水蒸気を発生させる原因となります。ただ、近年は換気も24時間換気が設置されていますので結露の発生は大幅に解消されています。

同じことは戸建ての鉄筋コンクリート住宅にも言えます。 ただ、「鉄筋コンクリート住宅は結露する」と昔から思われているのは、しかるべき断熱が施されていない場合が多かったからです。断熱もされず、打ち放し面が室内に露出している場合、夏の暖かい湿気を含んだ空気が冷たいコンクリートに触れることで結露が発生します。また、古い木造住宅は、逆に気密性が低かったため、結露しにくかったともいわれています。

現在のコンクリート住宅は、高気密に加えて高断熱化が標準的になっていますので、換気をちゃんと行えば結露の発生しない快適な生活がおくれます。近年、木造住宅も高気密化が進んでいます。もし換気設計が甘いと、古いマンションと同じように、結露に悩まされる結果になりますので注意が必要です。

気密性の高い住宅は、生活するうえで以下の点に気を配ると結露は防げます。

  • 1石油ストーブやファンヒーターなどの室内で燃焼する開放型暖房機は使わないストーブにヤカンを乗せお湯を沸かすのは特に水蒸気を発生させるだけなので避ける。
  • 2室内の湿度の高まりそうな場所に洗濯物を干さない。
  • 3炊事のときは換気扇を作動させる。炊飯器やガスを使用して調理をしている時には多くの水蒸気が発生していますので、調理時には換気扇を作動させるとよいでしょう。IHクッキングヒーターを使用すると、水蒸気の量を減らすことが可能です。

▼室内で過剰に湿度を発生させると、どんな住宅でも結露が起こる可能性があります。

ketsuro.jpg

お問い合わせ

メールでの
お問い合わせはこちら

メールフォーム

シリーズから探す

RCスタイルのLINE@友だち登録受付中!質問も予約もLINEで気軽に!

▼ お問合わせはお気軽に ▼
電話する メールする